無料ブログはココログ

« 乗鞍摩利支天岳 | トップページ | 甲斐駒ヶ岳→摩利支天 »

2023年9月 2日 (土)

中仙道 藪原宿→奈良井宿

週末の足慣らしに近くの低山でも行こうかと考えたが、気まぐれで中仙道の藪原宿ー奈良井宿間を歩てみた。

最近、海外ツーリストの老夫婦が歩いていたのをTVで見ていた。 わざわざ日本まで遊びに来て(確かドイツだったか?)、何もない山道を歩いて汗をかくことが楽しいとは、人夫々だ。 旦那さんは「いい経験ができた」と話していたが、奥様は、否定こそしていなかったが「とても楽しかった」ような顔ではなかった記憶がある。

自分も、比較的近くに住んでいるにも関わらず、これまで一度も歩いたことはない。 東京生まれの人が東京タワーに行ったことが無いのと同じか(ちょっと違うか?)。 街道の古道を歩くのは、大体、年配者が多い。 あっ、自分もそのグループか。 まっ、トレッキングの一環ということで。

藪原宿ー奈良井宿間には鳥居峠があって、その昔は、ちょっとした難所だったらしい。 もちろん、今は峠の下に国道のトンネルが通っている。 かつて、笹子トンネル内壁崩落事故(2013年)の煽りで、内壁の改修工事を行った(高速以外では)数少ないトンネルの一つだ。

トレッキングの様子については後で追記するとして、今日はデータだけアップしておこう。 距離9kmだと思っていたが、賞味2時間もかかっていなかったので、山道で2時間を切るのは凄いと思ってデータを確認したら6Km程度だった。 それなら納得。 山道ではあっても、登山道ではないので、汗はかいたが、そこそこ歩きやすかった。 いつも通り、水を2ℓ 持参したが、0.3ℓ 位しか飲まなかった。 暑くなる前に行動したことも大きいかと思う。

Img_3783

知らなかったが、奈良井宿は宿場の距離が日本一らしい。 綺麗な街並み。 奈良井のある楢川村は、平成の大合併で木曽を離脱して、現在は塩尻市となっている。 木曽の南端、山口村も離脱して、現在は岐阜県中津川市になっている。 ちなみに、平成の大合併で県の面積を減らしたのは長野県だけ、何ということでしょう・・・

お土産店の人が、日中はまだ暑いが、朝晩は寒くなったと話していた。

3

途中で高度がワープしているが、100mも垂直にジャンプできないし、恐らく自動校正が入ったのだと思う。 鳥居峠は分水嶺なので、表日本と裏日本で気圧の差があったのかもしれない。

 

« 乗鞍摩利支天岳 | トップページ | 甲斐駒ヶ岳→摩利支天 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 乗鞍摩利支天岳 | トップページ | 甲斐駒ヶ岳→摩利支天 »