無料ブログはココログ

« 御岳摩利支天山 | トップページ | 三者三様 »

2023年8月12日 (土)

御岳摩利支天山(番外編)

8合目から三の池に向かうトラバースルートの途中のベンチで、背負子に大きな発泡スチロール箱3つと段ボール箱1つをくくりつけた「おにーさん」と会った。

あまりの大荷物なので「小屋の方ですか」と尋ねたところ、「そうです」との答え。 「今日は空荷なので重くない」とのことで、「昨日は荷揚げがあって大変だった」とのこと。 荷揚げの重さを尋ねたら「40 Kg」ほどとのこと。 自分は10Kg前後の荷物で、今日もすでにバテバテと話したら、「自分も以前はそうだった。だんだん慣れてきた。慣れてきたら縦走が楽になった。」との話。 30才前後のおにーさんだったと思うが、40Kgまで背負える人はそうはいない。 大抵、20Kgを超えると、肩ベルトが肩に食い込む。 肩を頑張ったとしても、次は腰を痛める。 終戦後、物も仕事もない時代に止むを得ずモッコを担いでいた女の人は、大抵、晩年になって腰が曲がるか、腰痛に悩む。 などと思いながら、本物の剛力を目の当たりにして、関心しきり。

剛力のおにーさんとの会話の途中で、自分のスマホが喋り出した。 「ただ今の時刻は〇時〇分です。標高は〇〇〇〇mです。」 直ぐに、おにーさんが「ヤマレコですね」「便利なんで」「便利ですよね」といつものやり取り。 このところの山行では、ヤマレコの音声通知を使っていて、音声を聞きつけたおにーさんの多くと、前述のやり取りが恒例となっている。 便利なものは、みんな使っているんだなぁと思う。 あれっ、ひょっとして自分は無料でヤマレコの宣伝やっている? まっ、自分も無料でヤマレコ使わせて貰っているので、少しは協力してもいいか。

 

 

« 御岳摩利支天山 | トップページ | 三者三様 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 御岳摩利支天山 | トップページ | 三者三様 »